特殊金属エクセル 経営者ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS SDR

<<   作成日時 : 2015/11/20 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは!上海隆興の鄭です。

就在国际货币基金组织13日就人民币纳入特别提款权(SDR)货币篮子作出积极表态之后,中国央行15日公布的数据显示,10月金融机构外汇占款揄チ129亿元人民币,扭转了此前连续4个月减少的势头。

中国金融机构外汇占款能一举扭转连续4个月减少的势头,有多方面原因:首先,中国政府努力加强外汇监管。为了避免8月人民币贬值带来的叠加效应,使得资本加速外流,这几个月官方加大了外汇管制,出台了鼓励限制外汇非理性流出的售汇换汇政策。

其次,贸易顺差依然保持强势。10月贸易顺差的扩大是外汇占款回升的因素之一。受外需疲弱、贸易品均价下降等因素影响,10月份我国出口降幅缩小。与此同时,大宗商品价格持续走低,进口下降,因此贸易顺差也在加大。

再次,近期人民币加入SDR成为大概率事件,进一步强了市场对人民币的信心。目前,全球货币中除美元升值预期不改情况下,最为坚挺的就是人民币。在欧元、日元、英镑以及澳元较大幅度贬值的情况下,加上人民币“入篮”在即,市场分析人民币贬值预期将会降低。因此,结汇、购汇意愿减弱,手持人民币意愿走强,这使得金融机构口径外汇占款扭转跌势而揄チ。

最后,10月份以来,A股市场走出新一轮“小牛”行情,吸引了外资,稳住和挽留住了资本。

不过,在美联储今年12月加息成为大概率事件的背景下,中国经济仍面临一定下行压力,人民币也存在走弱的外部因素,因此人民币虽无近忧,但仍需远虑。稳定人民币汇率的最根本措施,是尽快遏制住中国经济搗ャ放缓的局面。

画像







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SDR 特殊金属エクセル 経営者ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる