アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
特殊金属エクセル 経営者ブログ
ブログ紹介
特殊金属エクセル 経営陣の日々の奮戦記
zoom RSS

Imagination

2015/12/25 09:00
 今日は特金の仕事納めですが、同時に特金ブログも最終回となります。これまで経営者ブログや新入社員ブログや営業マンブログには、ブロガーの目に映った一瞬の情景が切り取られてアップされてきました。取り分け新入社員ブログにアップされた写真からは若者達の週末の過ごし方が目に浮かびます。デジカメやスマホの進歩によって日常の情景をいとも簡単に切り取ることが出来るようになり、写真のフレームから外れた情景まで想像してみたくなります。きっと昨日のクリスマスイブは、家族や友達や恋人との楽しい一瞬をフレームに収められたことでしょう。

 一枚の名画から、そこに描かれた幾つかの場面の時空間やその深層を描いたアートムービーがあります。"ブリューゲルの動く絵"です。何ともシュールな映像ではありますが、ブリューゲルの名画 "十字架を担うキリスト"(写真1) に描かれている人々の営みやキリストの受難をリアルに再現しているのが面白いのです。ムービーのエンディングは、仮想の世界からウィーン美術史美術館のブリューゲル絵画の展示室に飾られた原画にズームインし、次第に展示室の様子を映しながらズームアウトします。
画像

 ブリューゲルは16世紀のフランドル絵画の巨匠であり、"狩人の帰還"や"バベルの塔"などは余りにも有名です。ウィーンの美術史美術館には過去2度ほど訪れたことがありますが、ブリューゲル絵画の展示室には真っ先に足を運びました。写真の無い時代に細部まで精緻に描写されたブリューゲルの絵画からは、フランドル地方の人々の生活をつぶさに観察することが出来、絵画の情景に引き込まれます。

 金属学において組織写真は重要なデータです。それは、金属組織が金属材料の諸特性を解明する上で決定的な証拠となるからです。外観は無機質な金属も、その内部を観察すると変幻自在に変化する組織が実に面白いのです。私達は日頃パーライト組織やマルテンサイト組織は見慣れていますが、本多光太郎は波打ち際の砂模様に似ているパーライト組織(写真2)に“波来土”と、麻の葉に似ているマルテンサイト組織(写真3)に“麻留田”と漢字の当て字を付けました。組織名を見ただけで金属組織をイメージさせる本多光太郎の想像力には脱帽です。
画像

画像

 私のブログデビュー(2013年2月28日)では、特金創業者の谷口周と本多光太郎の生い立ちの類似性を紹介しました。2回目(同年3月19日)では、本多光太郎が説く“今が大切”の心について紹介しました。経営者ブログの最終回となる私のブログの締め括りは、やはり金属学の祖とも言える本多光太郎のエピソードで締めくくらせて頂きました。

 来年は申年です。申年の代表的な運勢は“磨けば磨くほど光る天性を持っている”です。愚直に金属を圧延し、愚直にその品質を磨き上げる。何だか特金のものづくりに通じる干支のようにも思えます。皆様良いお年をお迎えください。

 新機能材料開発本部 細谷より、親愛なる経営者ブログの読者の皆様方へ。


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


things about the Nobel Prizes

2015/12/22 09:00
This is Peter from Taiwan Tokkin
Something I would like to share is 5 things about the Nobel Prizes
Q: Who created the Nobel Prizes?
A: There’re five categories in Nobel Prizes, which are medicine, physics, Chemistry, literature and peace. The prize was established by the will of Alfred Nobel, a Swedish industrialist and the inventor of dynamite. The first award was given in 1901, 5 yrs after Nobel’s death. The economics award was created by Sweden Central bank in 1968. The Nobel Prize amount for 2015 is set at Swedish kronor (SEK) 8.0 million per full Nobel Prize.
Q: Secrecy
A: The Nobel committee prohibits the judges from disclosing their deliberations due to the committee avoid dropping any hint about the winners before the announcement. However, it happened times when the words got leaked out.

画像


Q: Who can nominate?
A: Thousands of eligible nominates from university professors, lawmakers, previous Nobel prize winners and the committee members themselves.
Q: What’s the connection with Norwegian?
A: The Nobel Peace prize is presented in Norway while the other awards are given in Sweden. It’s following the wish of Alfred Nobel.
Q: What does it take to win a Nobel Prize?
A: Besides the talent and the research of yours could make a big contribution to human beings, you also have to be patient. Scientist often have to wait decades to be recognized by the Nobel committees. There’re even three times the awards were recognized by the committees after the nominees passed away.

Content and Image origin: Wiki + Google Pictures.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私 ”一身上の都合により”

2015/12/21 08:00
品質管理本部 松岡です。

一身上の都合により、やめる事となりました。
皆さん今まで本当にありがとうございました。

思えば私が特金に入社して早20年が過ぎた。
なぜ、特金に入社し、働いているのか、これまでブログを書きながら探ってきた。久しぶりになぜなぜ分析をしてみると、

なぜ特金に入社したのか?       もの作りが好きだから。
なぜもの作りが好きなのか?       ジオラマ作りが趣味だったから。
なぜジオラマ作りが趣味だったのか? ガンダムが好きだったから。
なぜガンダムが好きだったのか?    ガンプラを毎週買えたから。
なぜ毎週買えたのか?
     ちょうど週の小遣い300円でガンプラが買えた。
     釣りキチで、釣りはお金を使わないので、全部ガンプラに注ぎ込めた。

もの作りが好きなので、メーカーで働く事を夢み、その基本は金属だろうと考え、高3の時に自分の進路を決めた。その根源は300円の小遣いを与えてくれたくれた両親であった。

・会長が私を雇って下さり、特金の仲間入りをした。
・特金に入社し、Hマネジャーのかっこいい仕事ぶりにあこがれた。
・K野さんにご指導頂き、たくさんの仕事を覚えた。
・3食付き、寮から自転車で通勤していた為、すこぶる体調が良かった。
・遅刻しそうになり、みんながラジオ体操をしている中、タクシーで登場した事もあった。
・自信がついた初めての仕事はK社向けのTA−TL加工。泥臭く現場で働く事の喜びを知った。
・イノベーション活動を指導頂いたT松さんの最後のあいさつでは泣きそうになった。
・社長は私を重要な業務に抜擢して下さった。
・どんなに失敗をしても、M上司は私を信じてくれた。
・周りのみんなもいつも助けになってくれた。
・たくさんのお客様にも育てて頂きました。
・そして今も充実した仕事が出来ている。

とても、とても、とても感謝しています。

だから、体の事を少し考え、毎日食べているポテトチップをやめようと思います。末永く特金で、みんなと働ける様に。
これからも宜しくお願いします。

画像



記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


スターウオーズの「世界」

2015/12/18 10:17
画像谷口能人です。2015年も後わずかですね。この1年は皆さんにとってどんな1年でしたか?特金の75周年は、私にとって入社44年にあたりました。後ろを振り返らないことを心してきましたが、やはり懐かしさや悔恨も含め、以前のことを考える時間が増えたように思います。

このところテレビでも街のあちこちでも、お店の商品でもスターウオーズの話題でもちきりです。今日!2015年12月18日18時30分、10年ぶりにスターウオーズの新作が公開されます。最後の作品だったエピソード3は2005年5月。日本では2ヶ月遅れの7月でしたので、私はN.Y.への出張をずらして、6月21日到着したその日の午後、マンハッタン3番の40丁目“The Rose Theater”という映画館に駆けつけました。

写真はスターウオーズの第一作から登場するストーム・トルーパー(初期の作品ではクローン・トルーパー)です。帝国時代の最盛期には銀河全体で20億人いたといわれるストーム・トルーパーは、全く個性が無く、ドロイド(ロボット)以上にただ使い捨てられる存在でした。ウルトラマンで言うならショッカーのように弱ッチョく自分の意志も見えない彼らですが、私は、ルークやレイヤ姫やベイダー以上に、この映画を代表するキャラクターだと思います。噂によると新作では重要な役割を果たすとか....?。

1977年にエピソード4(実はこれが第一作)、83年に6がでて、16年経って99年その前史であるエピソード1、エピソード3が2005年に公開されました。物語の進行を無視し30年近い時間を隔て一番最初のお話(エピソード4)に後付けするのですから大変です。70年代にはスマホなんか無かったし、ネットだって立体画像だってありません。アナログそのものの特撮作品に、最新のコンピューターグラフィックスを駆使して作ったそれよりも「前の」時代のストーリーをつなぐことになったのです。

製作された時を無視して物語の時間に合わせて連続して観ると、確かにエピソード4(1977年)では戦闘機も宇宙戦艦もチャチで、こんなメカで光速に耐えられるわけはないと思ってしまいますが、映画が製作された当時の技術常識が全く違うにもかかわらず、私たちの目の前にくり広げられる映像世界は今見ても圧倒的で、少しも古さを感じません。人間の想像力の飛躍する力にただただ感激します。

その頃、まだ小さかった長男は、宇宙空間でのチェイスや戦闘場面では画面に背を向けていました。怖かったのかも知れません。20数年後、ボストンでMBAを取って帰国したときの私へのお土産はスピンオフ・ノベルのハードカバーで、彼の本箱には大量のスターウオーズ関連本が並び、長女を連れて映画館まで見に行っていましたから、彼にも、間違い無くスターウオーズのDNAが引き継がれたのでしょう。

ストーリー自体は比較的単純な勧善懲悪と父親殺しと若者達の成長物語です。フォースの暗黒面の意味も私には良く分かりません。それでも、何よりこの映画に惹かれるのは、全く見たことのない景色、未来の都市、交通機関、不可思議な動物たち、宇宙に存在する多様な知的生命体の姿形を見せてくれるからです。手を抜かず、砂漠を歩けば影まで動かし、宇宙船が爆発すれば数知れない乗組員が宇宙に放りだされる様を描き、メカの動きや電子制御部品の一つ一つにリアリティを持つ映像は、紛れもないもうひとつの「現実」世界です。

「実在」の映像(タトゥイーン星はチュニジアの砂漠だって!)と全くの想像から生まれた産物(人間の生み出したイメージ)が、一つになって、完璧に私を欺してくれることの幸せ!これまで見たことのない世界に自分を投入できる幸せ!。 2012年ルーカス・フィルムをディズニーが買収しましたので、今度のエピソード7は、このシリーズ初めてジョージ・ルーカスが関与しないディズニー映画になります。一体どんな映像世界を見せてくれるのか本当に楽しみです。

先週末、スペインで行われたアイススケートのフィギュア男子で羽生選手がまたも世界最高を更新しました。フィギュアでも、フリーなら4分30秒の中で音楽とスケートが一体となった「世界」を表現するという言い方を良くします。彼はいつも私たちを「羽生ワールド(世界)」に引き込み、何度見ても鳥肌が立つほどです。この場合「世界」は地図上の地理的な拡がりとか政治の体制とかではなく、一つ一つのジャンプやスピンやステップ全てをひっくるめて表現された「全体を貫く雰囲気」とか「ひとまとまりの何か(作品)」のことです。

「つくりあげられた作品世界」という感覚は、例えば私の大好きな「澪つくし料理帖」にも宮沢賢治の童話の中にも、ケンフォレットの中世物語にも確固として存在します。作品の中に吹いている風、時には臭い、私たちの中に呼び起こす何とも言い難い感興。これはスポーツを見ても、映画でも、小説でも、詩でもまた、その人の話しぶりや生き方にも見いだすことが出来ます。そして、「世界」を感じられるモノは、間違い無く「凄い」ものだったり、「感動する」ものです。全身をそこに投入できる圧倒的な対象です。

12月の経営協議会で、役員ブログを休止することになりました。これまでの121本のブログを書くために、どれだけの本を新たに読んだ事でしょう。資料を集めたことでしょう。文章をあれこれひねくり回したことでしょう。私にとって、いつも大変な負担でありストレスでもあったブログ書きは、実は自分整理の絶好の機会でもありました。その結果できあがった私のブログが、自己満足に終わらず何らかのメッセジを届けられていたら、また、「マルヨの世界」をほんの少しでも皆さんに感じていただけていたなら嬉しいです。

理屈っぽくて、長くて、少しも仕事の役に立たなかった私のブログに長い間つきあって下さってありがとうございます。さっそくスターウオーズを見に行きます。世代を超えて引き継がれたスターウオーズ・ワールドに全身を委ね、至福の時間を過ごそうと思います。
それでは皆さん、May the Force be with You, Always !


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


『クリスマス商戦?』

2015/12/17 09:00
例年と違い、雪をほとんど見ないままに、今年も残りわずかとなり、1年あっという間に過ぎて行く事に少し、年を感じる今日この頃です。国内営業本部の飯島です。
画像

(写真は、UFOキャッチャーの戦利品です)
今年もクリスマスが近づき、我が家は、妻がカトリックの為、正月よりもクリスマスが、一大イベントとなります。今年もまだ、サンタクロースを信じている子供が、サンタクロースからは、自転車を貰い、親からは、ニンテンドー3DSを貰うと言われ、サンタクロースは、一杯、子供にプレゼントを渡すので自転車は持って来る事が出来ないと苦しい言い訳をしながら、実際、財布の中味をみながら、何を買うか考えておりますが、まだ、何も浮かんでいない状態です。
画像

話はかわりますが、今月の12日に妖怪メダルU、妖怪メダルバスターズ、ウォッチ進化キット、妖怪ゲラポプラス2種類が、発売となりました。ここまで一度に発売されるのは、記憶に無く、これもクリスマス商戦の一環かなと思いながらも旨く乗せられ、購入してしまいました。
そこそこの金額だったので、これをクリスマスプレゼントにしようと思いましたが、子供には、妖怪ウォッチ関係は、普通に買うのが当たり前で、プレゼントでは、無いといわれました。(ショック・・・)

このブログも妖怪ウォッチに助けられながら、今年最後のブログとなります。
ブログ上で大変、失礼致しますが、今年も大変、ありがとうございました。
来年も引き続き、宜しくお願い申し上げます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京 丸の内風景

2015/12/16 09:00
画像
 いよいよ2015年もあと2週間で2016年へ衣替え。
前回ブログでも記載しました2015年漢字一文字も12月15日に午後2時に発表になるようです。このブログを書いているのが15日午前中なので気になるところです。どんな一文字を大衆は選ぶのか?
こんにちはCLAD PJ吉見です。
 私的に2015年はIS国のテロ、建築偽造、異常気象による洪水等が重大ニュースのTOP3を占めています。どちらかというと暗い年だったのではないかと思っています。景気も今一つ停滞気味であり円安の恩恵を受けるのは輸出産業や車載関係の大企業だけであり日本経済をけん引する超大手企業の経営者陣と安倍総理の蜜月関係だけが目立ちます。中小企業にとっては円安による材料アップ、国内不況、中国経済のブレーキ等で受注の先行きが読めず青息吐息の状況です。来年以降、恐らく2017年には消費税が10%になり、さらに庶民の生活に負担がかかります。煙草も430円から500円にするような動きもあるようで少ないお小遣いがさらに少なくなりそうで懐状況が厳しくなります。
 私の仕事はこのような状況下でクラッド、スペシャルメタル、抵抗材の新規を拡販し少しでも営業の受注増加につながるよう行動してきました。幸いにも今年の初めにはスマホ関係の部品が飛躍的に伸びたこともあって何とか1年を切り抜けられた状況でした。柳の下の2匹目の泥鰌を探すのが来年の私達プロジェクトの大きな仕事の一つです。おかげさまで試作・引き合いはたくさんいただいています。…が量産に結び付くまでの道のりは大変な長く忍耐の一言です。今年頂いた引き合い・試作を来年には量産に結び付けられるよう願ってやみません。
画像
 先日、夜の東京駅丸の内近辺を歩いてみました。さすが東京の中心だけあってイルミネーションが綺麗でした。高層ビルの通りにきらびやかに飾られたLEDは大都会を照らしています。通りを歩いていたらなぜか長淵剛のトンボの曲が浮かんできました。コツコツとアスファルトにきざみ・・・東京のバカヤローが・・・一極集中化した東京に憧れる地方出身者から見れば同じ気持ちでしょう。なんで東京だけが・・・とね。
 ここだけは不況という言葉が見えてこないのは私だけでしょうか?歩いている人たちも外国人が多く異国に来たような雰囲気でした。このようなイルミネーションは全国各地でセッティングされています。12月25日まで点灯しているようです。恋人同士でのイルミネーションツアーも多いようですね。でも綺麗ですが何か冷たく寒々しくも思えます。年寄りの僻みですかね?
 今年一年稚拙なブログを読んでいただきありがとうございました。来年もひと頑張りします。皆様も風邪などひかぬよう、飲みすぎないよう注意しながら頑張ってください。家族のため、会社のため、希望を胸にもうひと頑張りしましょう。そして素敵なクリスマスをお迎えください。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鳥取砂丘♪

2015/12/15 09:50
鳥取といえば日本一人口が少ない県ですが、現在の人口は57万人となっています。コンビニはセブンイレブンがないと聞いていましたが、ローソン、ポプラ、ファミリーマートなどは数多く対人口比では全国でもトップクラスになるようです。セブンイレブンはローソンがすでに鳥取広域にあることから、なかなか出にくいようですね。神話では「因幡の白うさぎ」の舞台となった白兎神社や白兎海岸は観光も多く、天然記念物ハマナス自生地もあり自然や神話を楽しみながら巡ることもできます。
画像鳥取に来たら一度は立ち寄りたいのが鳥取砂丘ですね。南北に2.4km、東西16kmに広がる日本最大級の砂丘で、日本海の風と砂丘の砂が作り出す風紋は美しく見る人を魅了します。砂丘の特徴的な地形にすり鉢に形が似ていることから、スリバチと呼ばれる大きく窪んだ場所があり、その場所は40〜50mもの高さになっているようです。
鳥取砂丘ではいろいろ体験できるところがたくさんあります。ラクダ、パラグライダー、サンドボード、砂の美術館、砂丘イリュージョンなど。
画像砂丘といえばラクダがつきものですが、そのラクダにまたがって周辺を歩く体験ができるようになっています。お一人1,300円、二人乗りは2,500円税込と書いてありました。ラクダは最も発達しているのが聴覚で砂嵐や吹雪などを予知する能力を持っており、又嗅覚も非常に鋭く約1.6km先の水や草をも嗅ぎ当てることができるようです。
パラグライダーは鳥の目線で見ることができて空から楽しむことができます。障害物がない、柔らかい砂丘に着地でき、また風向きに合わせて練習斜面が選べるので小さい子供たちから年配の方まで安全に飛ぶことができるので大変な人気スポットになっています。
サンドボードは砂丘の傾斜を利用し、スノーボードに似たスポーツであり若者に人気を集めているそう。初心者から上級者までボードだけで一日楽しめます。
画像砂の美術館は日本で唯一「砂」を素材化した彫刻作品を展示する美術館。「砂像」と呼ばれる砂の彫刻作品は世界最高レベルとなっています。毎年テーマを替え砂像が展示され、素材が砂である為時間とともに崩れがちでその時、その場所でしか見ることができない。そのむなしさが砂像の美しさでもあり魅力的になっているようです。
鳥取砂丘イリューションは山陰最大の光の祭典。冬だけにしか見ることのできない幻想的な鳥取砂丘を感じることができます。夜はライトアップになります。
鳥取砂丘はこんなにたくさんの楽しめるところがあり感じることができるところは他にはありません。また行きたいと思わせるところですね。

今回のブログが私にとって最後になりました。今までいたらないブログを見て戴きありがとうございました。
平田でした。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港出張

2015/12/14 09:23
12月初旬に香港の会社へ訪問してきました。
2011年末に設立したこの会社も時は経過しはや4年。陣容も4名体制となり、運営体制も整備されてきました。多くの仲間たちのフォローによりようやく業績的にも目途が立つようになりました。有難いことです。
画像

オフィスの下の階からは海が一望出来、香港をアジアビジネスのハブ拠点と位置付けている中、色々と想いを巡らせることが出来ます。この地も中国マネーに翻弄されており、少しは大陸からの買い物客は減ったとのことですが、まだまだ高級ブティックの前には長蛇の列が見えます。投資規制が敢行された不動産市況は、とりあえずは落ち着きを取り戻したようです。

そこで頭の片隅に浮かんでは消えた情報がありました。それは最近の読んだ中国に関する書籍から得た内容です。邦訳書籍名は「China2049」。原題は「The Hundred-Year Marathon100」です。
内容は、中国が過去100年に及ぶ屈辱に復讐すべく、中国共産党革命100周年に当たる2049年までに、世界の経済・軍事・政治のリーダーの地位をアメリカから奪取するというもので、米ソが緊張状態にあった最中、中国がアメリカに接近し、対ソ連を考えた時に、米国にとって民主主義化していくと思われた中国は都合が良い存在であったため、様々なテクノロジーを米国から提供していたというもの。しかしながら、近年米国政府内では、様々な援助を行ってきたものの、一向に民主主義化せず、東シナ海等で各国との摩擦を生じている中国への不信感が高まり、米中との蜜月関係は終わったという論調に切り替わり始めました。中国はGDPで米国を抜き去ることは間違いないと予測される中、米中での緊張感が増幅していくであろうというもの。「100年マラソン」と内部で呼ばれるこの壮大な計画を、著者で元CIAの中国分析官がアメリカの目線から解説したものです。
画像











日経BP社 China2049
マイケル・ピルズベリー著


真偽はともかく、内容的にはとても興味深いもので、今年読んだ本では一番面白いもので、少し身震いしてしまうところもあります。香港割譲の際は99年、そしてこのマラソンの100年と、中国の持つ時間軸を理解することが大事なようにも感じる次第です。是非ご一読を。

谷口毅でした。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Management

2015/12/11 09:52
画像









精密機能材料カンパニー 水谷徳次郎です

マネジメントとは何でしょうか?
管理、経営でしょうか

ドラッカーに聞いたら、「成果を上げさせるための道具、機能、機関」と答えるでしょうか

私が学んだマネジメントは「やりくり」「切り盛り」「調整」です

「やりくり」
やりくり上手と褒められる人はどんな得意技があるのでしょう
それは何らかの不足状態を知恵と工夫で乗り切る術を持っていることです
金がない、人手がない、時間がないときにも

ふと、友松さん語録を思い出した
この時代に「人」「金」に余裕のある会社はない!
人手が足りないのは当たり前、仕事が忙しいのも当たり前 
忙しいから会社はうまくいく

「切り盛り」
あるものの中で、うまく処理して綺麗に盛り付けること
人の個性や能力を曇りのない眼で見極め、組織をデザインすることかもしれません
保有したものの良さを最大限に活かして、ベストの状態を作ることでしょう

「調整」
多すぎても、少なすぎでもない
ある一部が、強すぎても弱すぎてもだめ
バランスを取り、規律を守り
厳しさと、思いやりも必要です
褒めること、叱ることのバランスも大切です
異なる主張、価値観、利害などを調整することもあるでしょう
常に正常な状態を維持できる能力
または、それを知りながら時には対立させる、
意図的に調整しないことも能力かもしれません


上手く成果があがらないときには、必ず何か問題があるものです
それを他者批判で終わる人は、それがその人の限界だと私は思います
〇〇がこうだからこの結果との被害者意識がその人の器なのです
すべては己の問題と受け止めて「やりくり」「切り盛り」「調整」を考える人が
成長するマネジャーの条件です

私にとっては今年最後ブログになりました
そして年間グランドスラム達成も確定的です
社員のみなさん一人ひとりのひた向きな努力に感謝を申し上げます

一年間ありがとうございました










記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


去産能

2015/12/10 09:00
こんにちは!上海隆興の鄭です。

由于08年的大跃进式的投资(中央4万亿、地方15万亿)造成整个中国的产能达到了不可想象的疯狂地步,消耗煤炭占世界48%,石油占9%,钢材占34%,电解铝占32%,水泥占54%,钢产量已经是世界第二到第十位的总和。所以11月中央提出了供给侧改革,其实就是去产能。

产能不会凭空消失,产能淘汰是以成本高低顺序来开展。产能的过剩与不足,是相对概念,要取决于国际比较优劣势。如果某个行业的国内成本持续高于国际成本,目前再漂亮的产能利用数据,未来也有沦为“无效产能”之虞,反之亦然。

自08年以来,中国经历四大成本冲击,依次是人力成本→资金成本→土地成本→环保成本。尤其是13年开始,环保成本对企业的侵蚀开始发力。在这样的竞争格局下,传统制造行业洗牌已经开始。优胜劣汰,行业集中,胜者为王。这个过程将会有大量企业倒闭的发生。2016是风险集中释放的过程,资金回收和库存管理将显得非常重要。


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


家族風呂ではない貸切風呂?

2015/12/09 09:04
経営資源開発カンパニー
谷口 慈雨子

2015年12月8日(火)さやの湯処のリニューアルオープンです。
朝から問い合わせの電話が、鳴りっぱなしで、開店準備の作業と重なって大忙しでした。準備万端整えているというものの、なにしろ久々の営業ですので緊張します。幸い特段の設備トラブルもなく開店することが出来ました。
お客様の出足はゆっくりで、昼間の館内は快適な状況でしたが、1日が終わってみると土曜日並みの集客になりました。お食事処はイオンスタイル板橋前野町のフードコートの影響を受ける可能性が高いと予想していましたが、ふたを開けてみれば飲食も土曜並みの売上で、うれしい誤算となりました。リニューアルでものの置き場が替わったため、始終もの探しに追われた一日でしたが、久しぶりに皆の顔がそろうのは楽しいものです。顔見知りのお客様もうれしそうにされていました。
年中無休、一日16時間の稼働という状況では設備機械の限界は10年ぐらいで来てしまい、このリニューアルで、電気、ガス設備をほぼ全部新品に替えました。
開店してからこんな長く休館することは初めてで、この際改修するべきところは全てしようと考えましたので、開店が延びてしまいました。リニューアルオープンを楽しみにお待ちのお客様には本当にご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした。改装はお客様への安全衛生を最優先にして計画しましたので、ご利用されてご不便な点等ございましたらば、教えていただければ幸いです。

画像高濃度炭酸泉にはまだ看板がついていないので、気が付かれた方は少ないと思いますが、ぬるめの湯温で炭酸泉をゆっくり楽しめるようになっています。
また、降幡建築設計事務所の設計した、貸切風呂『離れの湯 燈』は趣のある温泉に仕上がりました。なんといっても苔庭に面していますので、お食事処から透けて見えないように、樹木で目隠ししました。何度も検証して、見えないことを確認しましたので、渡り廊下や奥座敷とかから見える心配はありません。
画像『離れの湯 燈』の大きな窓ガラスは2方向全開することができ、半露天としてお使いいただけます。お風呂に葉檜のふちや柱からの良い香りが立ち込めています。貸切風呂は1時間2000円でゆっくりお使いいただくことができます。なお、現在リニューアルキャンペーンですので1時間1500円にてご利用いただけます。
4人が入れる広さの檜の半露天風呂で、ゆっくり庭を眺めながら温泉に浸かりたい方、同性のグループでワイワイ楽しみたい方、公衆浴場には入りたくない外国の方、障害をお持ちの方などのためのプライベートバスです。
ただし、東京都の公衆浴場条例により10歳以上の男女は同じ風呂にはいれませんので、さやの湯処の貸切温泉風呂は家族風呂ではなく、男女別々での1時間毎のご利用となりますことにご注意ください。本日ご利用いただいた方はゆっくり温泉を楽しめたとご満足いただけたようです。まだ予約しやすいですので、ぜひお早めにお入りになってみてください。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


むさしの森珈琲

2015/12/08 09:00
 今回は、妻が行きつけの美容院のお兄さんから、「すごくはまっているお店があるので是非!」と紹介されたカフェを皆さまにもご紹介します。
 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、その名も「むさしの森珈琲」というお店です。調べてみると、すかいらーく系列の店で、現在は、まだ神奈川の横浜と大和、東京の杉並の3店舗しかないそうです。そんな希少なお店が、家から車で20分ほどの場所にあるというので、ドライブがてら足を延ばしてきました。
画像

 ところでなぜ、店名に「むさしの」という名前がついているのか疑問に思ったので調べてみると、由来は、すかいらーくの本社が東京の武蔵野市にあるからだそうです。なんとも単純な理由でした・・・
 
 ほどなく走ると、縦の大きな看板が見え、無事に現地に到着。すかいらーく系列なので、ファミリーレストランを想像していたのですが、外装も内装も洗練されていて、とてもゆったりした雰囲気に驚きました。店内は、高原リゾートの珈琲店がデザインコンセプトだそうで、あまりこういった店では見たことのないようなおしゃれな内装で、喫煙室もガラス張りで一体化しており、とても開放的でした!
 お昼のピーク時より前の時間帯だったからか、特に並ぶこともなくテーブル席に案内され、早速、お店の看板メニューである、特製の「ふわっとろパンケーキ」、「エッグベネディクト」、「エッグスラット」の3つを注文。

●「ふわっとろパンケーキ」
 その名の通り、とてもふんわりとした食感で、口の中で溶けてなくなってしまうくらい軽い感じでした。今までに食べたパンケーキとは全く違った食感です。
画像

●「エッグベネディクト」
 ご存知、焼いたマフィンの上にとろとろの半熟卵とオランデーズソースがのった人気の料理です。以前、横浜のとあるお店でエッグベネディクトを食べ、「うーん、何かが違う・・・」と言っていた妻も、この店のものを食べたら「うん、これこれ、この味!」と言っていました。玉子のトロットした感じとソースが絶妙に絡み合っていて美味しかったです。
画像

●「エッグスラット」
 温かいマッシュポテトと半熟玉子を混ぜたものをバゲットにのせ、3種類のソース(トマト・ジェノバ・チリ)をかけて楽しむ料理です。若者の間でとても流行っているようですが、名前を聞いただけではどんな料理なのが想像もつきませんでしたが、味の変化を楽しめて美味しかったです。ジャガイモと玉子が大好きな次男が気に入ったメニューです。
画像

●「アイス珈琲」
 店名に「珈琲」とつくくらいなので、珈琲にもこだわっているようです。アイスですが、すっきりとしていて深い味わいでした。次回はホットを楽しみたいと思います。ハンドドリップでいれてくれる「スペシャリティ珈琲」も何種類かあり、気になります。

 評価としては、綺麗な店内でのんびりと美味しいものを味わうことができ、流行りのメニューも食べることができ、大満足です。週末のブランチにはもってこいですので、時期を見てまた訪れようと思います。
 これを読んで気になった皆さん、ぜひお近くの店舗(近くにない方は申し訳ありません)に足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上、財務経理部の小花でした。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


特金プライド

2015/12/07 09:00
 11/17の午後、T大学の“応用マテリアル工学講座”で約80名の大学3年生を前に2時間の講義を行いました。2007年の同講座で「自動車に求められる機能と鉄鋼材料が果たす役割」と題した講義以来、8年ぶりに「金属材料の高機能・高付加価値化による応用展開」のタイトルでの講義を依頼されたためです。

 8年前は開発中の自動車の大型部品を幾つもトラックに積んで大学まで運んで、学生たちに直に触らせたのですが、今回は新機能材料開発本部からH君とO君を伴って、彼らに15分づつ講義を分担して貰いました。講義では特金のコアプロダクツと言える金属材料を取り上げ、それらのメタラジーの基礎に加えて、精密機能材料としてどのように作り込まれ、どのような精密部品に使われているかなどについて紹介しました。その中でも、H君とO君には特金が取り組んでいる先端の開発事例について話して貰ったのですが、二人の堂々とした講義に学生たちは熱心に聞き入っていました。

 今回の講座では、13名の講師陣の中で中小企業からの講師は私一人でしたので、冒頭のつかみは、以下のレジメを配って少々熱く語り掛けました。丁度テレビドラマで“下町ロケット”が話題になっていましたので、日本のものづくり力を支える中小企業を代表して、“特金プライド”の一端が伝わればと思いつつ…。

 「本日は、皆さんに"金属材料の高機能・高付加価値化による応用展開"と題してお話しします。
 私達の周りにある金属は、それぞれ固有の物理的、化学的、機械的特性を有しています。一般的に、電磁気特性や電気化学特性など電子レベルの特性が機能(function)で、結晶レベルの力学特性は機械的性質(Mechanical property)として扱われるため、鉄鋼材料を機能材料とみなす人は少ないかも知れません。しかし、多くの機能性部品やそれを駆動させる精密機器には多種多様な鉄系材料が使われています。
 最近の材料科学では、マテリアルゲノムやインフォマティクス(データマネージメント)による合金設計や新物質の創生が持て囃されています。従来実験的手法が主流であった材料開発を、計算科学を駆使して効率的かつ短期間で行うのが狙いです。しかし、機能材料は機能性物質とは違います。材料である以上、工業的に量産が可能で、経済的に目的の機能や性能を発現できなくてはなりません。
 私は今年のノーベル賞受賞者である大村智教授や梶田隆章教授の業績に深く感銘を受けました。2012年の山中伸哉教授のiPS細胞、2014年の赤崎勇教授他のLEDの発明は、いずれも自然には存在しない細胞や物質を創生した優れた研究なのですが、自然に生息する有益な微生物をfield workで発見した大村教授の業績や、宇宙誕生に由来するニュートリノに質量がある事を過去の定説を覆して実証した梶田教授の業績からは、自然科学研究の神髄とも言える地味で地道な研究スタイルが垣間見えてきます。
 自然科学で定説とされている多くの理論は実験によって裏付けられてきました。つまり、地道で精緻な実験こそ自然科学の未踏領域に光を当てることが出来ます。梶田教授が述べられた「知の地平線の拡大」が意味するところであると考えます。スーパーカミオカンデの壁面に敷き詰められた無数の20インチ・フォトマルはオールドテクノロジーそのもので、そのシンプルで愚直なまでの実験スタイルが宇宙物理学の世界に大きなブレークスルーをもたらしたのです。
 同じく金属材料を扱ってきた私達はどれほど金属の事を理解しているでしょう。前述したマテリアルゲノムの解析に供するデータは実験によって得られるのですが、その普遍性と信頼性に関してはまだまだ検証を要します。おそらく計算科学では、データベースと過去の理論の域を超える答えは得られないでしょう。勿論、金属材料の特性を理解したり、現象を可視化したり、研究開発の方向性を見極めるためには極めて有効な手法ですが、高機能化に対するブレークスルー技術にはつながらないように思います。
 当社のコア技術は金属の冷間圧延です。愚直にオールドテクノロジーに向き合い、手間暇かけて限りなく板厚公差ゼロを目指します(高付加価値化)。そうして製造された金属材料を使うことで精密機能部品の性能を格段に向上させることが出来るのです(高機能化)。金属材料の特性は生まれ(成分設計)で決まりますが、ひたすら素材自体の高性能化を追求すれば良いというものではありません。最終製品に安定した性能や機能を付与するためには、適切な材料を選択すること、寸法精度を極限まで追求すること、均一かつ安定した組織に制御することなどが極めて重要なのです。私達の周りには、金属が元々持っているポテンシャルを工業的に引出すことによって最先端のデバイスが開発された例は少なくありません。
 スーパーカミオカンデに隣接して国立天文台と東京大学のプロジェクトとして重力波望遠鏡(KAGRA)の建設が進んでいます。その心臓部とも言える制振装置のGAS(Geometric Anti-Spring)フィルターに私達の多機能高精度実験用圧延機(MVM-1)で冷間圧延した超高強度鋼板が使われています。事前テストでは「奇跡に近い制振性能が得られている」と聞いています。KAGRAは2017年より本格的に観測を開始するようですが、ニュートリノに次ぐ新たなノーベル賞級の成果として重力波の存在がKAGRAで実証される事を心より祈っています。」

 新機能材料開発本部 細谷でした。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一代茶聖千利休

2015/12/03 09:00
This is Peter from Taiwan Tokkin
Do you like tea? What kind of tea you like, Asia tea, India Assam Tea or simple red tea from the west?
“一代茶聖千利休” is the movie I watched lately and it talked about the Japanese tea culture and ceremony. The leading actor was a famous TEA master in Japan and he was born in Japan’s Big Warring States (戦国時代) but was granted to commit suicide himself on the orders of the famous warrior: 豐臣秀吉.
画像

I know nothing about the complicated Japanese tea ceremony, but I did enjoy the beauty and purity of the whole processing. (I experienced it myself for 2 times at least) To be honest, the tea itself was not much tasty nor the dessert was also too sweet as well not enough to me, but the movement from the making tea process, the holding of the neat tea cup on hand, and the simple design of the whole atmosphere were simply a great experience itself. Having witnessed or taken part in the Japanese Tea Ceremony only once, it might drag your interest to find out serving tea is an art and a spiritual discipline.
Even though the tea leaf was introduced to Japan from China around the 8th century, each country has developed the tea culture to different direction at various aspects. To me, I am always happy to try all the varieties either from American black tea or Taiwanese pearl tea.
Content and Image origin: Wiki + Google Pictures.



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私 ”ガンダム”

2015/12/02 08:00
品質管理本部 松岡です。

もう1つはまったのがガンプラ。
毎週日曜日の朝、300円を握りしめヤオハン正門に並び、1/144スケールのガンプラを購入した。
やはり連邦よりジオンのモビルスーツが狙いなのだが、並ぶのが遅いので、既にいいやつは売れてしまっており、ホワイトベース、ビグザム、ムサイ、ザク、ゾック、ジム等欲しくないやつばかりが集まった。

作る事が楽しいので、極力その時間を長く使用と、色を塗ったり、ジオラマを作ったりと少しでも長く飽きない様にした。
・ジャブローでジムがシャアズゴに腹を突かれるシーン
・ドダイに乗ったグフ
・ジェットストリームアタック
・ソロモンでガンダムがビグザムを真っ二つにするシーン
・アバオアクーで首なしガンダムがビームライフルを真上に打つシーン
等、ガンオタならずとも良く知られている名シーンを再現した。

なんだか懐かしくて気持ちよくなってきたので、名ゼリフを紹介!
・軟弱者
・ザクとは違うんだよザクとは。
・親にもぶたれたことないのに。
・坊やだからさ。
・ぜ、全滅だと、3分も持たずにか。
・見えるぞ、私にも敵が見える。
・ぼくにはまだ帰れる場所があるんだ。
・見せて貰おうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを。
・アムロ行きまーす。

でも「アムロ行きまーす」はガンダム出撃時の決め台詞の様に捉えられているが、実は一度しか言っておらず、しかもガンダムではなくコアファイター出撃時である。

ジオラマに飽きるとそれを破壊してあとは押入れ行きだった。ただビグザムを分解して、宙に投げたら天井に突き刺さって落ちて来なくなった。天井に刺さったまま忘れ去られたビグザムは私の人生に大きな転機を与えてくれる事になる。それはまだ先の話。

画像




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


モノを売らずにモノを売る!

2015/12/01 06:44
画像気温が高くて少しも11月らしくない等と文句を言っていたら、本当に急に晩秋らしくなってきました。今朝の我が家のベランダにある温度計は4度だと言っています。いよいよ12月、今年最後のカレンダーが少し寂しげに壁で揺れています。谷口能人です。

11月18日に「イオンスタイル板橋前野町」がスタートして2週間が経とうとしています。店長のお話を聞くと出足は好調、ほぼ予算通り。この土日の店内の賑わいは何だか嬉しくなってしまうほどです。「さやの湯処」の通りにやっと人が戻ってき来ました。多くのお客様に支持される店になって欲しいと心から思います。

昨年、イオンからお話が出たとき、こんな店を造りたい!というお話があって、「GGモール」というコンセプトで改装された葛西店を見に行きました。GG(ジージー!ジジイではない)というのは、Grand Generation の頭文字を取ったそうですが、高齢者を主たるターゲットとした店作りです。それにしても、店内に余裕があるのには驚きます。古書も扱う書店には大きなフリースペースがあり、そこでは棚にある本を読むことができます。確かに暇のある高齢者が一日暮らせそうです。でも、商品を並べるスペースを削ってしまって、こんなんでやっていけるのだろうか?私の第一印象でした。

前野町店オープン初日、一体どんな店ができあがったのだろうとワクワクして足をふみ入れてまずビックリ。GGはいつのまにか「子育てするオトナを応援する」お店になり、いささかさえない婦人服や靴や化粧品が所狭しと並んでいた一階の売り場は、おしゃれなパン屋さんとカフェと11のお店と、350席もある「マルシェ・ダイニング」になりました。周囲にならんだお店で注文をし、できあがると渡されたブザーが鳴って自分で取りに行き、好きな席で食べセルフで片付けるという仕組みです。

東名でいうなら海老名、関越なら高坂サービスエリアのフードコートを、うんと洗練された形にしたと言えばいいのでしょうか? 何より驚くのは、ここが、持ち込み可の自由な居場所であることです。地下一階のお弁当売り場で買った「のりチキン竜田弁当」398円を、備え付けの電子レンジでチンして食べる事も可。自分の家でおにぎりを作って、お総菜を店内で買って食べるもの(たぶん)可。ゲームをやっている中学生、3階で買った模型を組み立てている小学生....e.t.c. 空き席を見つけるのがたいへんです。

1992年、旧イズミヤ(株)から前野町の工場跡地を店舗としたいという話がでた当時は、GMS(総合スーパー、General Merchandising Storeの頭文字)がまだ力を持っていました。大型ビルを造り、ダイエーに象徴されるあらゆる商品を一つの場所で買うことが出来るという業態が主流でした。一方、カテゴリーキラーと呼ばれる専門量販店が台頭し始めており、私たちはこれまでのGMSとは一線を画す店舗を期待しましたが、1994年4月イズミヤ前野町店は伝統的なGMS(総合スーパー)としてオープンしました。

GMSも専門量販店も、店舗づくりはイコール商品陳列であり、お客さんにいかに多く商品を見せるかがポイントです。広く浅く商品をめいっぱい並べることが基本ですが、選択肢が限りなく拡散する時代では、自分の個性(嗜好)にあった商品が見つからないと受け取られ、「何でも揃っているが欲しいものがない」と揶揄されつつありました。結果、低価格のみが競争力となり、デパートまがいの重装備の建物を基本としたGMSは、固定費(賃料)が重荷になったのは容易に想像ができます。

あれから20年、ダイエーはイオンに吸収され、モノ(商品)の売り方は一変しました。イオンスタイル前野町には、モノの並んでない場所が実にたくさんありました。ギャザリングと呼ばれる客さんが座る場所があちこちに置かれています。おもちゃ売り場の中に子供が遊ぶ場所があり、フードコートでは、若いお母さん達が無料のお水を飲みながらおしゃべりをしています。ここでは、お客様の居場所を提供することが、モノを売る店舗の中で重要と位置づけられているようです。

手っ取り早くモノを買おうというのであれば、究極的にはコンビニで間に合います。また、多様な種類の中から選ぼうとすれば通販が便利です。でも、どちらも、買う楽しさや思いがけないものを見つける「発見」とはほど遠いものです。ひととおりモノが行き渡ってしまった成熟した市場では、結構いろんなモノがある、良いモノがあったらつい買ってしまう。加えて、あそこに行くと何だかゆっくりする。そんな装置が今とても重要なのかも知れません。

モノを売るのにモノを置かない場所を設け、その環境や雰囲気づくりからとりかかかる。なんとも間遠い気もしま画像す。しかし、1980年代NYに出張したとき、老舗書店のBarns&Nobleが店内に椅子を置いて本を読ませているのを見て驚きましたが、今、日本の書店は30年遅れで同じ事を始めました。本を買わずにそこで読んでしまうとか、必要な部分をスマホで写メする人がいたとしても、この方が本が売れるという計算ができあがったのでしょう。

イオンスタイル板橋前野町は、GMSのGの部分を、店舗の個性やコンセプトをより強力に発揮させる空間として上手く活用しており、同じ建物に量販店を集めただけの店舗とは違う新しい可能性を持っていると思いました。PCや勉強道具を持ち込み、410円のカフェラテ・グランデで数時間いつづけるお客さんを歓迎できるビジネスの有り様と共に、さやの湯処でも、モノを売らずにモノを売ることの意味に正面からつきあって行こうと思います。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『安心して下さい、持ってますよ』

2015/11/30 09:00
すっかり、寒い日が続く様になって来ており、先週の出張から考えたあげく、コートを着始めましたが、建物や電車の中では、まだ少し、暑い様な気がする今日この頃です。国内営業本部の飯島です。
画像

この日曜日に板橋区立ハイライフプラザでハイライフいたばしフェスティバルがありました。このフェスティバルでは、板橋のいっぴん23店舗の商品販売等があり、1,000円購入毎に抽選と富くじが貰えます。
画像

そしてフェスティバルの最後には、富くじ大抽選会があります。商品は、商品券、自転車、近江牛800g、家電製品、西武園、としまえんのパスポート券、宿泊券、ランチやディナー券等があります。
一昨年は、この冨くじで、運よく、最後から3番目の景品でおせち料理の3段重が当たりました。昨年は、全く何も当たりませんでした。
今年は、冨くじが4枚で抽選会に参加しました。
画像

抽選会が始まり、途中で末尾4番違いが出て、一瞬、喜びかけましたが、当たらず、最後のメインの商品券3万円へ。
番号が発表されましたが、いっぴん23店舗の関係者の為、辞退という事で、再抽選へ。
発表されて行く番号を聞いていると、最後の一桁前までは、全て一緒の番号でした。最後の数字を念じると、ものの見事に的中しました。(なにか持っていました)

今年も残り1カ月となりますが、最後に運が転がり込んで来ている状態なので、今年度の予算達成と来期に向け、営業一丸となって頑張って行きたいと思いますので、お客様には、引き続き、ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2015年の漢字一文字は?

2015/11/27 09:00
画像2015年も残すところ1か月間近くになり、シクラメンの花が市場に出回り始め、師が走り回る師走ももう真近になってきました。私も師匠と呼ばれ世の為、後輩の為に営業支援に走り回っています。最近では衰えが目立ち始めパワーも低下しましたが、それでもなんだかんだとせかせかと走り回っています。こんにちはCLAD PJ 吉見です。
今年も日本漢字能力検定協会が一年の世相を表す漢字一文字を公募する時期になりました。一番多かった漢字を12月12日に決め京都清水寺の『清水の舞台』で森貫主が特大の和紙に大筆で一字をしたためます。過去2006年〜2014年の一文字は順番に

命、偽、変、新、暑、絆、金、輪、税

その年の世相が一文字でわかりますね。

◆今年上半期のニュース
※マック異物混入、IS国日本人殺害、メキシコ湾の油田火災、年金加入者125万人分のデータ流出、エアバック欠陥米国で発生、箱根山の火山活動活発化
◆今年下半期のニュース
※東京オリンピック スタジアム建設見直し、エンブレムロゴ疑惑で再公募、栃木・茨城で堤防決壊で大洪水による被害発生、マンション杭打ち偽造データ、フランスでテロ、マイpァ度発足、日本人のノーベル賞受賞

2015年は2007年と酷似しているような気がします。偽の文字です。特にマンション偽造データ事件には驚かされました。販売会社も建築会社も超一流。こんなでたらめな改ざんデータを何年間も隠していた組織の在り方。氷山の一角でしょう。マンションが販売不振になるのは当然であり一生に一度の買い物をする消費者は慎重にならざるを得ませんね。  
さて今年の重大ニュースを見まわしてみてもあまり明るい出来事は起きていません。どちらかというと暗いニュースが目立ちます。約1万通に及ぶ一般公募の漢字一文字はなんになるか?恐らく過去と同じ漢字は使われないと思います。暗い世相には明るい漢字をという気持ちもあります。私としては来年こそは明るい世相を期待して『翔』を投票しようと思います。飛翔!ですね。皆さまも漢字一文字是非応募してください。2016年明るい年でありたいと願って!景気も良くなることを願って!
公募はこちらです→http://www.kanken.or.jp/kanji2015/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


H2Aロケット打ち上げ成功(種子島宇宙センター)

2015/11/26 13:33
画像種子島宇宙センターからH2Aロケット29号機が11月24日に打ち上げられたことがテレビなどニュースで取り上げられました。YouTubeでは打ち上げのライブ中継が見られます。カナダの通信放送衛星を予定の軌道にのせ、国産ロケットによる初の商業衛星打ち上げに成功です。商業衛星の打ち上げは国際的に需要が高まり競争を繰り広げている中で三菱重工業が初めての受注。この成功で国内では今後の受注に向けて弾みがついたようです。
当初の打ち上げ予定は11月24日午後3時23分となっていましたが、海上の警戒区域に船舶が侵入したことでカウントダウンを中断しています。その後安全確認がされると午後3時50分無事発射台を離れました。以前米国のスペースシャトル「チャレンジャー」がケネディ宇宙センターからの打ち上げ直後に爆発し宇宙飛行士7人が亡くなったことが今でも記憶にあるので、打ち上げる瞬間は非常にドキドキしますね。
よくテレビで打ち上げからロケットを追跡していますが、それを見ていると感動ですね。3時間26分後に衛星がロケットから切り離されたことで成功したことが分かるようです。
画像
今までと違うことは衛星を高度数百キロで切り離していましたが、今回は静止軌道に近い約3万キロまでロケットで衛星を運ぶ為、静止軌道に入る前にエンジンが着火できる新たな技術を取り入れていることです。この改良で飛行にかかる衛星の燃料負担が少なくなった分、機器や衛星の寿命を延ばす燃料を積めることで世界の競合と肩を並べるまでになってきたことで、衛星ロケットでも日本の技術がかなり高くなってきたと思います。

そもそもH2AロケットとH2Bロケットの違いはなんなのでしょうか。
H2Bロケット「こうのとり」はすでに1号機から5号機まで打ち上げられています。どうもH2AとH2Bは運搬能力が違うため運搬に合わせたロケットを使うようです。H2Aは比較的軽いもの「4t位まで」、H2Bは比較的重いもの「7〜8t位まで」。実績ではH2Aは29回の実績がありますが、H2Bはまだ5回しか実績がありません。信用ではH2Aが上回っていますが、技術的には同等と考えているようです。来年にはH2A30号機が種子島宇宙センターから打ち上げる予定になっているので、是非見たいですね。おそらく何回見ても飽きないと思いますし、感動するだろうと思います。国産ロケットは「H3」の開発がすでに始まっているようです。
もしロケット打ち上げを見物にこられたら是非種子島や屋久島を観光してください。

平田でした。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


絶対に使えないお金

2015/11/24 12:53
画像











精密機能材料カンパニー 水谷徳次郎です

昨日、妻から通帳を渡された

若いころから死ぬまで50年近く仕事をし続けた母が残した通帳だった
残高は5978円

妻が、母の自筆の手紙と共に大事に保管してくれていた
母が他界した11年前に、ビニール袋に入れて一円も使わずに大切にしてくれていた

ただ、ただ、ありがたくて涙が出た

お金を握り締め、手紙を読んだときおふくろの苦労を思い出した
ただの金じゃあないんだ!
お金というものは誰が、どんな苦労をして、何を守ろうとしてきたか想いがある
少なければ、またその大切さがズシっと重みを増してくる

感謝と優しさが繋いだ月日だった

人間がお金を汚くしてしまうことがあるが、お金とは本来、美しいものだと思えた

「絶対に使えないお金」があると知った日だった




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


続きを見る

トップへ

月別リンク

特殊金属エクセル 経営者ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる